H30粟井小学校日記

坊ちゃん劇場、子規記念博物館に行きました

 今日4年生は、坊ちゃん劇場でミュージカル「よろこびの歌」の鑑賞と、子規記念博物館の見学に行きました。

 あいにくの雨でしたが、子どもたちは役者の迫力ある演技と歌声に天気を忘れて楽しみました。

「とても楽しかった。」

「ドイツ語でありがとうが言えるようになった。」

「もう一度観たい。」

など、たくさんの感想を述べていました。生でみるミュージカルは、映像と一味違い、子ども達の心の中にとても印象に残ったようです。

 午後からは、子規記念博物館を見学しました。正岡子規の手記や俳句、人生などについてたくさん勉強しました。今後の学習につなげていきたいと思います。

1年生 虫探しに行ったよ

 9月19日(水)に、1年生は、生活科の学習で、「虫探し」に行きました。安岡避難地や光洋台公園に行き、バッタやカマキリ、トンボなどの昆虫をたくさん見付けました。

 虫取り網を上手に使ってどんどん虫を捕まえる児童がたくさんいました。捕まえた虫は、学校で観察した後、家でお世話をするために持って帰る児童や、草むらに逃がす児童など様々でした。

 粟井の自然に親しむ活動になりました。

 

「小石の芸術展」から

 夏休みの作品募集に北条ユネスコ主催の「小石の芸術」がありました。

本校からも毎年多数の作品応募があり、その展示会が文化の森で開催されています。

 先日の新聞に、本校6年生女子児童の小石の芸術応募作品が「県知事賞」受賞といううれしい記事が掲載されました。

「いただきまーす!」という題名の作品は、大変見事な形と着色で食卓の料理を表現しています。

作者のこだわりや作品の楽しさが伝わってきます。

他にも本校児童5年生作品が「金賞」、3年生作品が「銅賞」を受賞しました。

 

佳作も多数選ばれました。

どの作品も、時間を忘れて作品づくりに没頭する子どもたちの顔が思い浮かびます。

 

 

ごみ学習

 先週の12日水曜日、4年生は、松山市の清掃課の方が講師として来校され、ごみ学習を行いました。

 2時間目は、パッカー車がごみを回収する様子を見学しました。子どもたちは、タンスや自転車など、大きなごみでも力強く回収していく様子にとても驚いている様子でした。

 3時間目はごみの分別の仕方や、ごみを減らす工夫などについて教えてもらいました。

 その中で、松山市のごみの量は、人口50万人の都市の中で一番ごみの量が少ない市であることを知り、子どもたちはとても喜んでいました。

 これからもごみが一番少ない都市を目指すために、できることを考えている児童もたくさんいました。とても印象に残る学習になったようです。

新しいALT着任 ご紹介します

 1学期末でハワイに帰国されたアンドリュー先生の後、本校の子どもたちに英語を教えていただくイギリス出身のティモシー先生です。

趣味はギターなどの楽器演奏の他、絵を描くこと、自転車などだそうです。

今日は3年生と5年生の授業がありました。

午後は、音楽の授業や茶道クラブなどの参観をしました。