H30粟井小学校日記

卒業式・修業式を前に

 いよいよ卒業式、修業式が目前となりました。

そんな今日の学校の様子です。

 

お別れ会をする学級、次の学年のために、教室や机・椅子をきれいに磨く学級、卒業式に向けての大掃除、6年生はのぞみ新聞に目を通したり……

給食も最終日でした。

6年生も、教室でみんなで食べる給食は、今日が小学校生活のラストです。

少しおじゃまして、下手なメッセージソングを贈らせてもらいました。

横の糸は「友だち~♪」縦の糸は「先輩や先生~♪」

これから先、みなさんによい出会いがあることを、先生方全員願っていますよ。

木竜うるし 読み聞かせ(4年)

    今日の朝読書の時間を活用して、4年生が3年生に読み聞かせを行いました。

国語科で学習した「木竜うるし」の話を、人形劇風にして発表しました。

この日のために背景や人形を作ったり、音読の練習を行ったりしました。

短い練習期間の中で場面の様子が伝わるように上手に発表できました。

「読むことと人形を一緒に動かすのは難しかったけど、3年生に聞いてもらえてよかった。」

などの感想をもちました。とても貴重な体験になったようです。

 

卒業式全体練習開始

 最も大切な儀式である卒業式に向けて、全校児童での式練習が始まりました。

「声をしっかり出そう、姿勢や表情、口形に気を付けて歌おう!」と先生方からアドバイスや具体的な場面指導が入り、子どもたちも一生懸命取り組んでいます。

卒業生、在校生の気持ちが、練習と本番と通して互いに高まり合うとすばらしいです。

ふれあいマーケット&スマイルタウン

    あいにくの曇天でしたが、粟井公民館では今年度最後の

「ふれあいマーケット&スマイルタウン」が開催されました。

いつものように子どもたちや地域の方々で会場は盛況でした。

スマイル社員たちが朝から作った「春巻き」や「肉ご飯」「菓子パン」など

おいしそうなものがたくさん並び、子どもたちの売り声にも活気がありました。

社員のみなさん、一年間みんなに喜んでもらえる楽しい仕事ができましたね。

退社式では一人一人何を思うのでしょう。

 

子どもたちのためにお世話してくださったみなさん、

大変ありがとうございました。

大好き宅並山~桜の植樹~

 3年生は総合的な学習の時間「ゆめタイム」の学習で、宅並山に登りました。まず、講師の井上先生の指導でネイチャーゲームを行いました。その後、「宅並山を育てる会」の代表、玉井さんをはじめ、大森さん、尾上さんの指導を受けて、各学級1本ずつ、3本の桜の苗木を植えました。玉井さんから、「この桜が大きくなって花を咲かす頃、また、宅並山に登ってきてくださいね。」というお話があり、子どもたちが大きくうなずく姿が印象的でした。


 

5松 調理実習

    5年松組では、収穫したもち米をで「せんべい」を作りました。

焼き加減に注意しながら調理を進め、

やわらかくておいしいせんべいが出来上がりました。

お家でも、ぜひ作ってみてくださいね。

3年外国語活動「ありがとうティモシー先生」

 今日がティモシー先生との最後の授業になりました。

「アルファベットとなかよし」の学習では、
ティモシー先生の発音をまねて、何度もアルファベットの発音練習をしました。
隠したアルファベットを当てるミッシングゲームが子どもたちのお気に入りです。

今日も盛り上がりました。


 

 

 

 

5竹 調理実習

    家庭科の時間に、秋に収穫したもち米を使って

「おはぎ」を作りました。

もち米を鍋で炊く場面では、焦がしそうになりながらも

火加減を見ながら、上手に炊き上げることができました。

きな粉と砂糖・塩で味付けし、甘くておいしい

おはぎを完成させることができました。

6年生 謝恩会

 6時間目、先生方が6年生に体育館へ招待されて、謝恩会が催されました。

学習アシスタントさんや生活支援員さん方も招待されて、終始大変温かな雰囲気の中で

楽しく過ごすことができた1時間でした。

怪しいマジックやクイズ、ジェスチャークイズに大喜利や桃太郎の英語劇、ヒット曲のダンスや楽器演奏など…

たくさん楽しませてもらいました。そしておいしいケーキや飲み物のサービスまで。

体育館が和やかな空気に包まれました。

6年生のみなさんの気持ちをたくさんいただきました。

先生方みんなから「ありがとうございました!」

いよいよ卒業の日が近くなってきましたね!

3・11 全校で黙とう

 今日3月11日は、東日本大震災から8年目となります。

本校では、集団下校時の2時46分過ぎに

今現在の亡くなった方々や未だ行方不明の方々の人数と

今なお辛い思いをされているご遺族の方々が多くおられることなどを

子どもたちに話し、

全校児童で東北の方を向き、1分間の黙とうを捧げました。

今日は、鎮魂の1日であると同時に、命について家族で語り合える日でもあります。