感染症についてのお知らせ

感染症についてのお知らせ

溶連菌感染症に感染した児童がいます

5年生で溶連菌感染症に感染した児童がいます。

 溶連菌感染症と診断されたら出席停止の措置をとりますので、診断名、病院名、
お子さんの症状を連絡してください。

〇 生活リズムを整えましょう。十分な栄養・睡眠をとり抵抗力をつけましょう。
〇 体調が悪いときは無理をせず、ゆっくり休みましょう。
〇 手洗い・うがいなどの一般的な予防の励行が重要です。
〇 受診したときは、医療機関に、学校で溶連菌感染症に感染した児童がいることを
 お知らせいただくとよいと思います。

<溶連菌感染症について>
【病原体】A群溶血性レンサ球菌
【潜伏期間】2~5日
【感染経路】飛沫感染
【症状】発熱、咽頭痛、咽頭扁桃の腫れや化膿、リンパ節炎
【登校の目安】適切な抗菌薬療法開始後24時間以内に感染力は消失するため、
 全身状態がよくなれば登校可能です。主治医の指示に従ってください。 

 

0